株式会社  荒澤製作所

大正12年(1923年)高級金属洋食器製造の創業に始まり、歴史を積み重ねてきました。

燕市の基幹地場産業として発展を続けている金属洋食器業界は、大正年代の初期に幾多の先人達の努力によって導入され、その基盤が築かれましたが、弊社もその一翼を担って洋食器産業の発展と共に歩んでまいりました。

 

業界製品のほとんどが黄銅材によって生産されていた当時、価格変動の激しい黄銅材より、将来比較的価格安定が見込まれるステンレス材に着目し、昭和10年頃より他社にさきがけてステンレス製の洋食器生産の技術開発に努め、幾多の犠牲と技術的困難を克服しつつ、昭和12年頃(1937年)業界で初めてステンレス製の洋食器の生産方式の確立に至りました。

 

今日ステンレスが素材として様々な分野に普及拡大される原点となったステンレス洋食器の開発でしたが、洋食器業界においても弊社はステンレス製の洋食器の元祖メーカーとして輝かしい歴史を有し、現在の燕市におけるステンレス加工を中心とする地場産業の発展の為に多大な貢献があったものと自負し誇りに思っております。 

 

 

取扱商品・業務

 

弊社は、伝統に培われた技術に加え独自性と創造性あふれた商品開発を特長とし、18-10ステンレス・18-8ステンレス・洋白銀器・純銀など、高級金属洋食器を中心としてユニークな金属製品を市場に提供し高く評価されています。

 

現在、全国の百貨店オリジナル商品、及びホテルレストラン等の業務用向け、またギフト市場、インターネット販売など、幅広く販売活動を展開し、更なる業績の向上を期しております。 

 


住 所 : 〒959-1262 新潟県燕市水道町1-2-5

電話:0256-63-2229

FAX :   0256-62-6891

代表者 : 荒澤 康夫

     hp : http://www.alfact.co.jp

 e-mail : info@alfact.co.jp

主な商品