カトラリーが“ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール2017”のグランプリを受賞しました。

新潟県燕市テーブルウェア製造販売、株式会社トーダイのオリジナルカトラリー「ソフィーシリーズ XM-7」が、ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール2017の“グランプリ 経済産業大臣賞”を受賞しました。

 

表彰を受ける、株式会社トーダイ

代表取締役社長 森山 正次氏。

“ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール2017”受賞者


2017年3月24日(金)、燕三条地場産業振興センターにおいて“ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール2017”の表彰式が行われました。金属製品や金属ハウスウェア、新分野開発製品の製販にかかわる方を対象に、優れたデザインを評価・推奨することで燕市の産業振興に寄与すべく創設されたコンクールは、様々な金属製品が出品されますが、今年のグランプリはカトラリーが受賞しました。

 

XM-7(ステンレス18-8製)は、ギリシャ神話で「知恵」を象徴する女神「聖ソフィア」に由来するソフィー シリーズ。上品さと力強さを合わせ持つ、洗練されたスタイリッシュなフォルムです。スプーンやフォークは柄尻からツボにかけて徐々に太くなっていく雫型(しずくがた)のデザインであり、シンプルながら重厚感・高級感も兼ね備えたデザインです。

 

柄尻にはレストや皿に立てかけた際の安定感を高めるカットを入れ、流れるような独特のフォルム。テーブルナイフ・デザートナイフは縦置きにすることで自立し、先端がテーブルの上につかない形状です。

Data

 

株式会社トーダイ

todai-tsubame.co.jp/