トピックス

Instagramはじめました。

この投稿をInstagramで見る

JAPANブランドの底力を、伝える「奥山清行氏デザインカトラリー」 。 ・ フェラーリなどのデザインで有名な奥山清行氏。 彼が率いる〈KEN OKUYAMA DESIGN〉との共同開発により生まれたシリーズです。 素材や使用感にこだわり、日本のモノづくりの伝統と高い技術力を結集させました。 本シリーズの枝をモチーフにしたカトラリー〈EDA〉は、世界最大級のデザイン賞〈Red Dot Design Award 2013〉(ドイツ)で最高賞(Best of the Best)を受賞。 複雑な形を立体的かつ美しく再現した製造技術が、世界的な評価を受けました。 ・ @tsubame_youshokki #奥山清行 #山崎金属工業#カトラリー #スプーン #フォーク#ステンレス #新潟 #燕市 #燕 #cutlery #spoon #folk #stainlesssteel #tablewear #tablesettings #tabletop #flatware #niigata #tsubameshi #tsubame EDA “EDA” was borne through a collaboration with <KEN OKUYAMA DESIGN> led by Mr. Kiyoyuki Okuyama, the renowned designer of Ferrari automobiles and other fine products.The design process involved obsessive attention to material selection and functional feel, and the manufacturing process combined traditional craftsmanship with modern engineering. The “EDA” series, with its “tree branch” design motif, was awarded “Best of the Best” in the “Red Dot Design Awards 2013” (Germany), the world’s most sought-after design accolade. This beautiful design and the manufacturing techniques used to produce the complex three-dimensional shape were highly regarded internationally. ●18-8 Stainless Steel Urethane Coated

日本金属洋食器工業組合(@tsubame_youshokki)がシェアした投稿 -

新型コロナウィルス感染症拡大対応に伴う燕市内の外食産業を支援するプロジェクトに寄付しました。

燕市 外食産業支援プロジェクト
2020年5月12日燕市役所にて(左が日本金属洋食器工業組合、小林理事)

 

新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、緊急事態宣言が発出され、新潟県でも生活の維持に必要なものを除く施設・店舗などに休業要請が行われています。

そこで、燕市の事業体が「外食産業支援プロジェクト」を立ち上げ、当組合でも、その趣旨に賛同し寄付をさせていただきました。

 

詳しい情報 〉外食産業支援プロジェクト

 


2020年のカトラリー検定の中止について

「カトラリー検定」は、新型コロナウィルス感染症拡大の影響で準備が進められないため、2020年の開催を見送ることを決定しました。

 

深刻な状況が続いていますが、来年度カトラリー検定を開催できるよう、感染の抑制を念頭に対策を進めていきます。

 

国の緊急事態宣言がでている中で、ものづくりも困難な局面を迎えておりますが、カトラリー製造を今後も繋げていくため、この困難を乗り越えられるよう応援お願い申し上げます。

 

2020年5月2日

日本金属洋食器工業組合

 


ドイツ・フランクフルト「Ambiente 2020」ジャパンスタイルに出展しました。

「Ambiente 2019」ジャパンスタイルに日本金属洋食器工業組合
続きを読む

橋本聖子オリンピック・パラリンピック担当大臣を表敬しました

2020年2月10日(月)細田けんいち衆議院議員の計らいにより、燕市 鈴木力市長と日本金属洋食器工業組合 小林貞夫副理事長、業界団体のみなさんとともに橋本聖子オリンピック・パラリンピック担当大臣を表敬しました。

 

燕市のカトラリー製品が選手村で採用されることについてお礼を申し上げました。橋本大臣からはとても前向きなお褒めの言葉をいただきました。ご自身が参加された選手村のお話などとても興味深いお話をうかがいました。予算委員会などお忙しい中、ご配慮いただきありがとうございました。

 


TBS系日曜劇場「グランメゾン東京」で組合員のカトラリーが使われています

グランメゾン東京で仕様されている燕のカトラリー

 

10月20日から放送スタートしたTBS系日曜劇場「グランメゾン東京」。主人公のシェフが“三ツ星レストラン”を目指す物語です。燕産カトラリーのデザイン・品質が評価され、4話(11月10日放送)から、主人公のレストランの小道具として使用されています。

 

今回使用されているカトラリーは、高級レストランでの使用を考えた伝統的な形状で風格を感じさせながらも、少しあらたまった家庭での使用も考えて、カトラリーの首に立体的な変化をつけモダンな部分を付け加えることで、全体として“古さと新しさ” を感じさせるデザインになっています。

 

グランメゾン東京で仕様されている燕のカトラリー
グランメゾン東京で仕様されている燕のカトラリー

 

そして何より、一流カトラリーの材料の代名詞「洋白銀器(銅、ニッケルおよび亜鉛の合金の上から銀メッキを施した金属)」から作られています。一般的なカトラリーの材料「ステンレス(鉄およびクロムの合金)」と比べて鉄臭さ(金属臭)が少ないため、洋白銀器のカトラリーで料理を食べると料理そのものの味、香りを楽しむことができます。

 

また、カトラリーに光を当てた時は、カトラリーそのものが美しい白い輝き(反射)を放ちます。シンプルなデザインでありながら美しい輝きを放つカトラリーは、今回のドラマ内で主役の料理の雰囲気を邪魔せず、しっかりとした存在感がある、まさに名脇役です。

 


続きを読む

世界へはばたく「燕のおもてなしカトラリー」誕生

 

燕のカトラリー製造が始まったのは、明治44(1911)年。以来、100年を超える歴史の中で培われた技術力、デザイン力で食卓を彩る様々なカトラリーを生み出し続けています。

 

しかし、そんな長い歴史を持ち、現在も国内シェア90%以上を誇る燕のカトラリー業界も、近年の円高傾向や、安価な海外製品が台頭する中で、今後も現在の状態を維持できるとは限りません。

  

 

そこで、燕市製のカトラリーの魅力を世界に発信し、カトラリー業界の更なる飛躍を目指し、燕を代表する新たなカトラリーを開発することとしました。2018年7月、市内メーカーから新たにデザインを募集。

 

10月にはトップアスリートや飲食提供業務関係者、美術系大学の教授や学生など130名を超える皆さんから審査いただき、2019年2月、応募デザイン10作品の中から、1つの美しいデザインが選ばれました。

 

 

「NIPPON」をテーマにしたデザインは、表面には、朱鷺(とき)(学名Nipponia nippon)が真っ直ぐに飛翔する様を、裏面には、日本を代表する花・桜を豪華に配置し、着物の奥襟のように見えないところでのおしゃれを楽しむ日本人の「粋」を表現することで、日本の美意識を真っ直ぐに伝えます。 

 

日本で主に使われているサイズは「デザートサイズ」と呼ばれるものですが、世界では主に「テーブルサイズ」というひとまわり大きなサイズが使われています。

 

この新たなカトラリーは、世界中の人に使ってもらうことを想定しつつ、日本人をはじめ、体格や性別など、様々な人が使うことを配慮し、テーブルとデザートの中間のサイズとなっています。

  

 

また、スプーンは日本人や小柄な方の口にも入りやすいよう頭の幅を狭くしつつ、スープがすくいやすいよう奥を深くし、フォークは口から抜けやすいようカーブの角度を工夫するなど、形状にも細かい配慮とこだわりが詰まっています。

 

いよいよ2020年。産地を代表する新たな逸品として「燕のおもてなし」を世界へ発信します!

 


続きを読む

【第9回カトラリー検定】合格者 受験番号発表!

レギュラー・クラス合格者受験番号一覧

続きを読む

販路拡大をテーマにブランドを育てる大泉物産

株式会社 大泉物産の創業者 大泉清作氏は、東京にて彫刻作家として活躍。宮内庁に多数の作品を納入していましたが、戦争が激しく作家活動が困難となり、1943年1月、生まれ故郷の新潟家燕市に戻りました。新潟県燕市幸町に大泉工場を設立し、当時は戦時中の為、飛行機部品の製造を始めました。戦後、大手カトラリーメーカーの下請けとしてスタートし、デザインを意識したオリジナル製品を作りたいと1973年には、2代目、3代目が「TRIO」ブランドを作り、どこにも無いオリジナルデザインを目指して製品を作り続けました。TRIOブランドのほとんどが3代目大泉一之輔会長のデザインです。工業高校出身ですが、物作りが大好きで現場が大好きな会長は、これまでに4回のグッドデザイン賞を受賞しています。

 

続きを読む

【第9回 カトラリー検定】を開催いたします。

 

日本金属洋食器工業組合では、新潟と東京の2会場で『レギュラー・クラス』と『ソムリエ・クラス』の「カトラリー検定」を開催いたします。

続きを読む

東京表参道「ネスパス」で「燕の洋食器即売会」を開催!

世界中で愛されている新潟県燕市の洋食器。

その品質の高さ・美しさを、実際に手にとって感じてください。

各種カトラリー、調理器具、銅製品など多彩な商品をご用意いたします。

また、毎年ご好評いただいている「下取りセール」も実施します。

  • 期間 : 2019年8月30日(金)13:00~18:00(午前中準備)・31日(土)10:30~18:00・9月1日(日)10:30~16:00(16時以降撤収作業)
  • 会場 : 表参道・新潟館ネスパス(東京都渋谷区神宮前4-11-7)
  • 下取りセール : スプーン、フォーク、ナイフ/1本10円(お一人50本まで)、鍋、フライパン/1個100円(お一人5個まで)
  • 参加企業 : ㈱アサヒ、㈲片力商事、燕物産㈱、㈱トーダイ、山崎金属工業㈱

■ 主 催 : 日本金属洋食器工業組合 

 

続きを読む

7.12(ナイフ)、7月12日は洋食器の日です。

続きを読む

東京「日本橋」ブリッジにいがたで「燕製品 〜大即売会〜」を開催!

ブリッジにいがた
写真 : ブリッジにいがた

燕の金属洋食器(カトラリー)は100年以上の歴史があり、その生産量は全国の95%以上です。

今回は、カトラリーのほかキッチンツールなどの金属製品も産地ならではの直売特別価格にて販売いたします。

この機会に、「燕製品」を手に取りお確かめください。

 

■ 開催日時 : 2019年

  6月18日(火)13:00~18:00

     6月19日(水)10:00~18:00

     6月20日(木)10:00~16:00

■ 会 場 : ブリッジにいがた

  東京都中央区日本橋室町1-6-5

  だいし東京ビル1F(東京日本橋三越前)

■同時開催イベント

 新潟つばめハウスショー

 主催 : 日本金属ハウスウェア工業組合

 

■予告

 燕の洋食器〜下取り即売会〜

  •  期間 : 2019年8月30日(金)・31日(土)・9月1日(日)
  •  会場 : 表参道・新潟館ネスパス(東京都渋谷区神宮前4-11-7)
  •  下取り : スプーン、フォーク、ナイフ/1本10円(お一人50本まで)、鍋、フライパン/1個100円(お一人5個まで)

■ 主 催 : 日本金属洋食器工業組合 

 


続きを読む

山崎金属工業株式会社100周年記念展

続きを読む

オンリーワンカトラリー! 世界に認められた山崎金属工業

玉栄堂の鎚起銅器職人だった初代 山崎文言氏は、1918年にスプーン工房を開設し現在の山崎金属工業株式会社を創業しました。

山崎金属工業は2018年に創業100年を迎え、2019年6月7日(金)〜7月21日(日)まで燕市産業史料館で「山崎金属工業株式会社100周年記念展」が開催されます。

 

続きを読む

【イベント】レシピを楽しむ! シーズンフードレシピイベント開催!

地域生活者が参加する野菜ソムリエと料理を楽しむワークショップ型イベント「シーズンフードレシピ」では、旬の野菜を素材にプロのレシピで調理することで豊かな食卓を提案します。

 

今回は、季節問わずに活躍する『にんじん』ですが、実はにんじんの旬は春♪いつもなんとなく使っているにんじんを、メイン料理に!明日から使える、旬を味わう美味しいメニューを作ります! 

 


続きを読む

燕オリジナルカトラリーデザインを発表。

続きを読む

「Ambiente 2019」ジャパンスタイルに出展しました。

「Ambiente 2019」ジャパンスタイルに日本金属洋食器工業組合
続きを読む

『2018年7月に新工場操業開始。さらに品質向上を目指します』───株式会社トーダイ

株式会社トーダイさんの燕市杉名新工場を見学させていただきました。

トーダイさんは、Todaiブランド オリジナルカトラリー&テーブルウェアの製造販売、PP Rattanオリジナルバスケットシリーズ、ハンドメイドグラスウェア、業務用厨房用品・卓上用品の販売など幅広く営業活動を行っています。

 

続きを読む

『金属洋食器の街から時代のニーズに応える製品づくりを目指します』───㈲片力商事

㈲片力商事は1980年4月、金属洋食器研磨工場としてスタートしました。

現在は、金属洋食器製造販売、厨房用品製造販売、介護・介助用品・製造販売、雑貨卸販売、ギフト用品卸販売などさまざまな金属製品を製造販売しております。さらに、カトラリー製品を中心としたネットショップの運営も行っています

 

続きを読む

「燕三条ものづくりメッセ2018」に組合員が出展します。

燕三条ものづくりメッセは、燕三条地域の様々な加工技術を有する多くの企業と、当地域に関連する技術を持つ企業が一堂に会して広く技術をPRし、例年、数多くの商談が行われる展示会です。今年は、日本金属洋食器工業組合から3社が参加します。

 

燕三条ものづくりメッセ2018
燕三条ものづくりメッセ2018

続きを読む

【第8回カトラリー検定】を開催しました。

10月6日(土)に新潟で、10月7日(日)に東京で『レギュラー・クラス』と『ソムリエ・クラス』の「カトラリー検定」を開催しました。

今年もカトラリーメーカーや商社、銀行など地域産業にかかわる多くの企業の方から参加をいただきました。

 

新潟会場は、燕三条地場産業振興センター リサーチコア6F研修室で46名が参加、東京会場は、表参道新潟館 ネスパスを会場に12名が参加されました。

 

カトラリー検定は、新潟県燕市の地場産品である金属洋食器(カトラリー)の知識を深め、カトラリーの魅力を知り、食事を楽しんでいただくことを目的に実施しています。

参加された方が、友達や家族にカトラリーの魅力を広めることで、燕のカトラリーをより多くの人に知っていただければと思います。

 

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

 


続きを読む

【第8回カトラリー検定】合格者 受験番号発表!

レギュラー・クラス合格者受験番号一覧

続きを読む

株式会社フジノス FD STYLEステンレス鍋が「2018年度グッドデザイン賞」を受賞

株式会社フジノス 『FD STYLEステンレス鍋』が、この度2018年度グッドデザイン賞(主催 : 公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

 

株式会社フジノスFD STYLEステンレス鍋が「2018年度グッドデザイン章」を受賞

続きを読む

「燕三条トレードショウ2018」に組合員が出展します。

燕市と三条市には、金属加工や金型製作、プラスチック加工、木工等様々な分野の製造業者やメーカーが、2,000社以上が立地しています。それらをバイヤーなどとマッチングさせる『燕三条トレードショウ2018』に今年は、日本金属洋食器工業組合から17社が参加します。

 

燕三条トレードショウ2018
燕三条トレードショウ2018に出展します。

続きを読む

「燕三条 工場の祭典 2018」に組合員が参加します。

6回目を迎える『燕三条 工場の祭典』では、「開け、KOUBA! この秋、燕三条の真髄を体感する」をテーマに、燕三条のものづくり・製造技術の奥深さを体感できます。普段は一般公開されていない数多くのKOUBAの扉が開かれ、見学や体験をすることができます。

今年も、日本金属洋食器工業組合員8社が参加します。

 

続きを読む

東京・表参道新潟館ネスパスで、燕の洋食器即売会を開催します。

世界中で愛されている新潟県燕市の洋食器。その品質の高さ・美しさを、実際に手にとって感じてください。

各種カトラリー、調理器具、銅製品など多彩な商品をご用意します。また、毎年ご好評いただいている「下取りセール」も実施します。

 

続きを読む

【第8回 カトラリー検定】を開催いたします。

 

日本金属洋食器工業組合では、2018年10月6日、7日の2日間、新潟と東京の2会場で『レギュラー・クラス』と『ソムリエ・クラス』の「カトラリー検定」を開催いたします。

 

第8回 カトラリー検定
第8回 カトラリー検定
第8回 カトラリー検定
第8回 カトラリー検定

続きを読む

【燕市のふるさと納税】千利休の美意識を伝えるブラックチタンコーティングを施したカトラリー

 

ふるさと納税のカトラリー選びで悩んでいませんか?

燕市の「ふるさと納税」には、たくさんのカトラリーが並んでいます。

今回は、千利休の美意識を伝えるブラックチタンコーティングのカトラリーです。

 


続きを読む

東京「日本橋」ブリッジにいがたで「燕製品 -大即売会-」を開催します!

燕の金属洋食器(カトラリー)は100年以上の歴史があり、その生産量は全国の95%以上です。

今回は、カトラリーのほかキッチンツールなどの金属製品も産地ならではの直売特別価格にて販売いたします。

この機会に、高いクオリティを誇る「燕製品」を手に取りお確かめください。

 

■ 開催日時 : 2018年

  7月19日(木)正午~PM6:00

     7月20日(金)AM10:00~PM6:00

     7月21日(土)AM10:00~PM4:00

■ 会 場 : ブリッジにいがた

  東京都中央区日本橋室町1-6-5

  だいし東京ビル1-2F(東京日本橋三越前)

■ 主 催 : 日本金属洋食器工業組合

 

 


続きを読む

【イベント】調理機器メーカー主催の料理教室、好評により第2弾開催!

地域生活者が参加する野菜ソムリエと料理を楽しむワークショップ型イベント「シーズンフードレシピ」では、旬の野菜を素材にプロのレシピで調理することで豊かな食卓を提案します。

 

前回のイベントでは参加者が野菜とレシピの関係に興味を示したことから、シーズンフードとなる夏野菜に関するリサーチを行い、結果一位の「ズッキーニ」を食材としたイベントを開催することになりました。

 


続きを読む

【イベント】調理機器メーカー主催の料理教室を開催!

調理機器メーカーである株式会社フジノスは、女性×鍋・フライパンから生まれる料理で楽しい時間を生み出す「Pan'sy(パンジー)」を今年4月に立ち上げました。食を楽しむ女性が増えている中、食材を中心に毎日の料理が楽しくなるようなレシピを発信する料理教室を開催します。

 

続きを読む

TRIO、KAY BOJESEN、ICHIを手がける(株)大泉物産が、『Interior Lifestyle Tokyo』インテリア ライフスタイル に出展します。

Interior Lifestyle Tokyo
インテリア ライフスタイル TOKYO 2018

カトラリーブランド、TRIO(トリオ)、KAY BOJESEN(カイ・ボイスン)、ICHI(イチ)の展示に加え、今回新たに立ち上げたオリジナルブランド「OH!」から、新アイテムの発表を行います。

 

  • 日時 : 5月30日(水)〜6月1日(金)10:00 – 18:00 (最終日は 16:30まで)
  • 会場 : 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 西 2 ホール/D-02
  • 主催 : メッセフランクフルト ジャパン(株)
  • 入場料 : 2,000円 ※招待状持参者およびWeb来場事前登録者は無料
  • HP : http://www.interior-lifestyle.com

 


【ふるさと納税】人気IT企業の社員食堂にも採用された食卓のイメージを変えるカトラリー

 

ふるさと納税のカトラリー選びで悩んでいませんか?

燕市の「ふるさと納税」には、たくさんのカトラリーが並んでいます。

今回は、食卓のイメージを変えるカトラリーをご紹介します。

 


続きを読む

【ふるさと納税】使い込むことで風合いが増す、高貴な洋白銀器のペアカトラリーセット!

 

ふるさと納税のカトラリー選びで悩んでいませんか?

燕市の「ふるさと納税」には、たくさんのカトラリーが並んでいます。

今回は、本格的な洋白銀器のカトラリーをご紹介します。

 

山崎金属工業の洋白銀器カトラリー「ロイヤル」
続きを読む

【ふるさと納税】日本を代表するプロダクトデザイナー『柳宗理』のカトラリー

 

ふるさと納税のカトラリー選びで悩んでいませんか?

燕市の「ふるさと納税」には、たくさんのカトラリーが並んでいます。

今回は、『柳宗理』の人気カトラリーをご紹介します。

 


続きを読む

【ふるさと納税】創業大正12年の技術と技で仕上げた最高級 洋白銀器カトラリー

 

ふるさと納税のカトラリー選びで悩んでいませんか?

燕市の「ふるさと納税」には、たくさんのカトラリーが並んでいます。

今回は、本格的なカトラリーセットをご紹介します。

 


続きを読む

【ふるさと納税】5つのグッドデザイン受賞カトラリーをコレクションした特別なセット!

 

ふるさと納税のカトラリー選びで悩んでいませんか?

燕市の「ふるさと納税」には、たくさんのカトラリーが並んでいます。

今回ご紹介するのは、グッドデザインを受賞したティースプーンとケーキフォークを集めた特別なコレクション。

 


続きを読む

山崎金属工業株式会社のカレー賢人『サクー』が、ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール2018年、優秀賞(関東経済産業局長賞)を受賞しました。

 「カレーを食す際、まず思い浮かべる道具は何だろう?」とふとした疑問からスタートしたプロジェクト。カレーを愛する人からの声を商品開発に活かそうと、カレーの聖地で有名な東京神田の神保町界隈で、カレー専門店へ飛び込みで伺い意見を聞いて開発したカレー専用スプーン カレー賢人『サクー』。

 

試作段階で市場調査を行った際、予想を大きく超えた人気ぶりで開発が決定し、まさに食べ手の願いを叶えたスプーンが、ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール2018年で、優秀賞(関東経済産業局長賞)受賞しました。

 

 

カレー賢人『サクー』の特長

  • スプーンの先端はへら状の具材の切り分け機能
  • ルゥを口に流しやすくするため皿部を非対称に
  • 平らな先端部でキャッチ力UP。ルゥの飛び跳ねを防止
  • 接触面はより細心の注意を払って磨き上げ
  • 試行錯誤を重ねたベストサイズ(長いハンドルと小さいヘッド)

 


続きを読む

組合員の従業員を対象とした『第2回ナイフ技能継承事業』開催!

2018年3月12日(月)・13日(火)の2日間、日本金属洋食器工業組合では後継者の育成を目的として、研修生を募集して『ナイフ技能継承事業』を開催しました。講師に有限会社 永井研磨材料店の永井社長から学科及・実務研修を行い、7社13名が参加しました。

 

 

続きを読む

燕市のふるさと納税の返礼品に日本金属洋食器工業組合員のカトラリーが選ばれています。

 

金属洋食器のカテゴリーで、8千円から18万円まで幅広い寄附額をお選びいただくと、各社自慢のカトラリーが贈られます。

寄附されたお金は燕市の地域振興に使われます。

使い道のご指定もいただけます。 

 

続きを読む

燕製の「選べるカトラリー」サービスがホテル椿山荘東京で実施されます。

 

「選べるカトラリー」サービスは、燕市が2020年の東京オリンピック・パラリンピックを契機に首都圏に集まる国内外のVIPを対象に燕産地製品の魅力や技術の高さをPRするために企画されました。燕製の高級カトラリーの中からお好きなものを選んでいただき、お食事とともにカトラリーを楽しんでいただくサービスです。

 

プライベートテーブルマナーレッスン&美食〔洋食マナー編〕

■開催日 : 2月1日(木)〜3月23日(金)※平日限定

■会場 : ホテル椿山荘東京(東京都文京区)イタリア料理「イル・テアトロ」

■料金 : お一人様 15,000円(個室料・消費税・サービス料込み)※詳細はホテル椿山荘東京ホームページをご覧ください。

■選べるカトラリー : 月桂樹(燕物産)、ビザンティン(山崎金属工業)、ゼウス(サクライ)、ICHI(大泉物産)、ノーベルデザイン(山崎金属工業)

■企画 : 燕市

 

今回の「選べるカトラリー」に使用されるカトラリーは、次の5種類です。

いずれも、組合員自慢の高級カトラリーです。

 

続きを読む

燕製のグッドデザイン賞受賞カトラリーをご覧いただけます。

 

新潟県燕市にある燕市産業資料館にて「グッドデザイン賞 〜燕編〜」が開催中です。

1966年から燕市の企業が受賞した製品をご覧いただけます。

その中には、組合員のカトラリーも多く含まれています。

燕製のグッドデザイン賞受製品が一堂に会する滅多にない機会ですので、ぜひご覧ください。

 

日 時:2018年1月6日(土)〜28日(日)

       午前9時~午後4時30分 

(入館は閉館の30分前まで)

休館日:月曜日(祝休日の場合は翌日)

祝日の翌日

会 場:燕市産業資料館

       〒959-1263 新潟県燕市大曲4330-1

電 話:0256-63-7666

 

 

続きを読む

日本金属洋食器工業組合が国体の参加賞バッジを製作しました。

 

2018年2月25日(日)〜28日(水)に第73回 国民体育大会 冬季大会 スキー競技会 にいがた妙高はね馬国体が開催されます。

その参加賞のバッジを、日本金属洋食器工業組合が製作しました。

 

国体は1946年から毎年開催されている伝統あるスポーツの祭典です。夏の本大会と、冬のスケート&アイスホッケー競技会・スキー競技会に分かれていて、毎年各都道府県が持ち回りで開催しています。

 

今年のスキー競技会が新潟県妙高市で開催されることから、大会の参加賞としてバッジの製作を新潟県から依頼されました。

 

バッジには、妙高外輪山に現れる雪形「はね馬」が、前脚を上げ、駆け出そうとする勇姿が描かれており、大会の躍動感と力強さを表現しています。

 

参加された選手の皆さまが、このバッジを見て国体の様子を思い出してくれるきっかけになってくれると嬉しいです。

 


続きを読む

日本金属洋食器工業組合は「第1回 国際 テーブル&キッチンウェア EXPO春」に出展します。

 

各社のカトラリーを、実際に手に取りご覧いただける滅多にない機会です。

商社向けのイベントですが、イベントホームページから招待券をお申込みの上、ご参加いただくこともできます。

 

日 時:2018年1月24日(水)〜26日(金)

       10時〜18時(26日は17時まで)

会 場:幕張メッセ

       〒261-8550 千葉市美浜区中瀬2-1

ブース:3-36

共同出展社:㈱アサヒ

㈱岡部洋食器製作所

燕物産㈱

高桑金属㈱

 


続きを読む

ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール2018作品募集中

 

このコンクールは、金属製品や金属ハウスウェア、新分野開発製品の製造・販売にかかわる方を対象に、優れたデザインを評価・推奨することで燕市の産業振興に寄与すべく創設されたコンクールです。

 

 

 燕ブランドの確立と、より良い商品供給を通じて豊かな生活文化の資質向上に貢献することを目的に、1978年から毎年実施しています。 

 

今年は、日本金属洋食器工業組合の株式会社トーダイがグランプリ 経済産業大臣賞を受賞しています。

 

詳しくは、下記のチラシまたは燕市のホームページをご覧ください。

 

 

続きを読む

【第7回カトラリー検定】合格者 受験番号発表!

レギュラー・クラス合格者受験番号一覧

続きを読む

【第7回カトラリー検定】を開催しました。

 

10月7日(土)・8日(日)に新潟・東京の2会場で『レギュラー・クラス』と『ソムリエ・クラス』の「カトラリー検定」を開催しました。

 

今年もカトラリーメーカーや行政、銀行など地域産業にかかわる多くの企業の方から参加をいただきました。

新潟は、燕三条地場産業振興センター メッセピア5F総合研修室①を会場に、昨年より多い60名が参加しました。

東京は、ツインバード工業株式会社 東京支社3F ツインバード日本橋ゲートオフィスを会場に、7名が参加されました。

 

カトラリー検定は、新潟県燕市の地場産品である金属洋食器(カトラリー)の知識を深め、カトラリーの魅力を知り、食事を楽しんでいただくことを目的に実施しています。

参加された方が、友達や家族にカトラリーの魅力を広めることで、燕のカトラリーをより多くの人に知っていただければと思います。

 

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 


続きを読む

【第7回 カトラリー検定】を開催いたします。

日本金属洋食器工業組合では、10月7日、8日の2日間、新潟と東京の2会場で『レギュラー・クラス』と『ソムリエ・クラス』の「カトラリー検定」を開催いたします。

 

 

カトラリー検定 実施概要

続きを読む

“TWINBIRD×燕三条 夏フェス。2017”今年も開催!!

コンセプトは、 「燕三条にふれて、食べて、体験する夏」!!  燕三条地域のみなさまと共に成長・発展する「共存共栄」を目指す「TWINBIRD×燕三条 夏フェス。2017」をツインバード 新潟本社で今年も開催いたします!

続きを読む

7月12日は7.12(ナイフ)洋食器の日です。

日本金属洋食器工業組合の池田です。

 

新潟県が世界に誇る産業と言えば、燕の金属洋食器。日本国内で生産されるスプーンやフォーク、ナイフなどのカトラリーの95%が燕市で生産されています。

 

そこで、カトラリーの代表的な食器具のナイフから、712(ナ・イ・フ)7月12日が、「洋食器の日」として日本金属洋食器工業組合として2003年に制定させていただきました。

 

燕市のご協力をいただきまして毎年「給食&食育だより」(燕市西部学校給食センター発行)に「洋食器の日」の掲載とスプーン献立を出していただいております。今回は、「コーンピラフ」や「コンソメスープ」などを燕産の給食用スプーンでたべていただきます。ご協力感謝いたします。

 

さらに、BSNラジオ7月12日(水)朝7時半、独占ごきげんアワー内、歌のない歌謡曲のコーナーでもご紹介いただけることになりました。

 

ナイフ、

7月12日

とおぼえてくださいね。

 

 


続きを読む

日本橋「ブリッジにいがた」で開催される「燕製品」大即売会に出店します!

新潟県燕市は金属洋食器(カトラリー)産地として は100年以上の歴史があり、その生産量は全国の95%以上です。

今回は、カトラリーのほかキッチンツールなどの金属製品も産地ならではの直売特別価格にて販売いたします。

この機会に、ものづくりを誇る「新潟県燕製品」をお確かめください。

続きを読む

(株)トーダイが“ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール2017”のグランプリを受賞しました。

新潟県燕市テーブルウェア製造販売、株式会社トーダイのオリジナルカトラリー「ソフィーシリーズ XM-7」が、ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール2017の“グランプリ 経済産業大臣賞”を受賞しました。

 

続きを読む

第6回カトラリー検定合格者 受験番号発表!

レギュラー・クラス合格者受験番号一覧 

 

〈新潟会場合格者36名

新潟R-001 新潟R-012 新潟R-022 新潟R-032

新潟R-002 新潟R-013 新潟R-023 新潟R-033

新潟R-004 新潟R-014 新潟R-024 新潟R-034

新潟R-005 新潟R-015 新潟R-025 新潟R-035

新潟R-006 新潟R-016 新潟R-026 新潟R-036

新潟R-007 新潟R-017 新潟R-027 新潟R-037

新潟R-008 新潟R-018 新潟R-028

新潟R-009 新潟R-019 新潟R-029

新潟R-010 新潟R-020 新潟R-030

新潟R-011 新潟R-021 新潟R-031

 

〈東京会場合格者12名〉

東京R-001 東京R-003 東京R-005

東京R-002 東京R-004 東京R-006

東京R-007 東京R-008 東京R-009

東京R-010 東京R-011 東京R-012

 

 

ソムリエ・クラス合格者受験番号一覧

 

新潟会場合格者2名

新潟S-001

新潟S-002